よくあるご質問(FAQ)

桜スタジアムについて

桜スタジアムはどこにできるのですか?

現在のキンチョウスタジアムを活用した増・改築を行います。

桜スタジアムはいつ頃できるのですか?

完成は2021年を予定しております。

桜スタジアムの概要はどうなっていますか?

収容人数約3万人です。サッカー・ラグビー・アメリカンフットボールなどを共に愉しめる球技専用スタジアム、市民の憩いの場・文化の場になるスタジアムを目指しております。

募金の方法について

寄附金の最少金額の設定はありますか?

インターネットからお申込みの場合は、最少金額が1,000円になります。
スタジアム等での街頭募金による寄附の場合は、最少金額の設定はありません。
ただし、現金による寄附は税制上の優遇措置が受けられません。また、メモリアルカードの発行やネームプレートの掲出もございません。

寄附金の振込方法によって金額の制約はありますか?

コンビニ決済(インターネット申込)は、5万円未満(49,999円)までしか受付できません。従って、コンビニ決済をご利用の寄附は、ネームプレートのお申込みはできません。

振込手数料は寄附金額に含まれますか?

振込手数料は寄附に含まれません。5万円振込で手数料が差し引かれた場合、ネームプレートの掲出はできません。

振込手数料がかからない方法はありますか?

インターネットでのお申込み(クレジットカード、コンビニ、ネットバンキング)、また「りそな銀行」、「池田泉州銀行」については専用申込用紙、ゆうちょ銀行については払込取扱票(通常払込料金加入者負担)をご利用の場合は、手数料は無料になります。
詳しくは、当サイトの「寄附方法」をご覧ください。

寄附金の返金は可能ですか?

いかなる理由があっても返金はできません。
なお、反社会的勢力と認められる個人・法人・団体、または桜スタジアム建設募金団体が運営上、支障があると認める個人・法人・団体などからの寄附については受け入れを認めず、入金済みの寄附金は返還いたします。

現金での寄附の受付は可能ですか?

スタジアム等での街頭募金による寄附は可能ですが、それ以外はすべてお振込みのみの寄附受付とさせていただきます。

税制上の取り扱いについて

子どもや孫の名前でネームプレートを掲出することは可能ですか?

ネームプレートは寄附いただいたご本人の個人名に限ります。お子様・お孫様のお申込みは可能ですが、未就労者の場合など税額控除の対象となりませんのでご注意ください。

領収証はいつ手元に届きますか?

寄附金の入金確認後、桜スタジアム建設募金団体より郵送します。お申込み(入金)いただいたタイミングおよび方法により異なりますが、当団体が入金確認後約1カ月ほどの日数をいただきます。

領収証の再発行は可能ですか?

領収証の再発行はできません。領収証は寄附金控除(還付)を受ける際に必要となります。大切に保管してください。

「ふるさと寄附金」として所得税や住民税から寄附金控除をうけられるというのは、具体的にはどういうことですか?

寄附した翌年の3月15日までに確定申告を行うことにより、寄附金から一定の金額(2,000円)を超える金額が、一定の限度まで所得税・住民税から控除されます。

「ふるさと納税」ができますか?

ふるさと納税とは違います。桜スタジアム建設に伴う寄附金は「特定寄附金(国等に対する寄附金)」に該当し、寄附金控除を受けるためには必ず確定申告書に寄附金控除に関する事項を記載し、桜スタジアム募金団体が交付する領収証を添付もしくは提示が必要になります。
なお、ワンストップ特例制度についても対象外ですのでご注意ください。

試合会場やイベントでの街頭募金に協力したが、領収証はもらえるのでしょうか?

現金での募金については領収証が発行されません。税制上の優遇措置については対象外となります。

フリーランスで活動しています。毎年確定申告には白色申告で行っていますが、寄附した場合税制上の優遇措置が受けられますか?

自営業の方も受けられます。確定申告の際に「寄附金控除」欄に金額を記入いただき、領収証を添付していただければ控除されます。直接税務署で申告されている場合は、決算書と領収証を持って申告いただければ反映されます。

メモリアルカード、ネームプレート

メモリアルカードはいつ手元に届きますか?

ご入金いただいたタイミングにより異なりますが、入金確認後約1カ月ほどの日数をいただきます。
※現在、制作中です。完成しましたらあらためて、当サイト等でご案内させていただきます。(2017.4月現在)

メモリアルカードのシリアルナンバーなどの管理番号は選べますか?

お選びいただけません。シリアルナンバーについては、お申し込み手続きをいただいた順番に自動割り当てとなります。

分割払いで、2回目以降の振込(申込)もメモリアルカードはもらえますか?

おひとり様1枚の進呈となります

メモリアルカードは何かメリットがありますか?

今後予定している内覧会などへご入場いただく際の入場証とさせていただきます。

メモリアルカードの再発行は可能ですか?

可能です。但し、手数料を負担していただきます。

ネームプレートの名称は自由に掲出できますか?

寄附いただいたご本人の個人名または法人名の掲出に限ります。ニックネームや広告にあたる名前(商品名、屋号)の掲出はできません。

ネームプレートは、個人名をローマ字で掲出することは可能ですか?

可能です。ただし、スペースの都合上、ローマ字の場合は文字が小さくなる可能性もございます。

数回に分けて寄附した場合、5万を超えた段階でネームプレートを掲出してもらえますか?

ネームプレートの掲出は、1回のお申し込みで5万円以上寄附いただいた場合のみ掲出させていただきます。金額にかかわらずお一人様1枚とさせていただきます。お一人で複数回寄附いただいても、1枚のみの掲出となります。

ネームプレートはいつ掲出されますか?

スタジアム完成後、すみやかに掲出させていただきます。

金額によってネームプレートは異なりますか?

ネームプレートのデザインは寄附いただいた金額にかかわらず、同じデザイン・大きさのものとなります。

家族全員5万円以上の寄附をしたが、ネームプレートは一緒に並べられますか?

シリアルナンバーの順番での掲出予定しております。ご希望に沿えない場合もございます。
なお、シリアルナンバーにつきましては、お申込み手続き(お振込み)をいただいた順番に自動割り当てとなります。

家族で5万円なので連名にしてもらえますか?

寄附者の名前(代表者)1名のネームプレートになります。

その他

確定申告をしたことがなく、何を準備して税務署に行けばよいか分かりません。もう少し確定申告に関する案内をホームページで出してほしいのですが?

確定申告についての案内は税理士の業務であるため、細かい案内に関してはホームページで掲載していません。現在のホームページでは大阪市のふるさと寄附金に関するページのリンクが貼られており、詳細はこちらをご覧いただいています。
確定申告に必要なものは、概ねサラリーマンの方は源泉徴収票があれば申告いただけます。ただし医療費控除を受ける方やその他様々なご事情がある方によって受けられる控除ないしは収入があるため、一概にご説明することができません。

確定申告は初めての方にとってハードルが高い。難しくないことは理解したので、もう少し記述があれば寄附を検討している方の背中を押せるのではないでしょうか。

税務署に行くことに抵抗はあるという話はよく聞きます。サラリーマンの方は年末調整を会社で行うため、税金がどういう仕組みなのか、税務署に行けば何かマイナスな要因があるのではないかという声もあります。
一方でふるさと納税という仕組みができ、話題性も高まっています。ワンストップ特例制度が使用できれば年末調整のみで申告が完了できますが、桜スタジアム建設募金についてはワンストップ特例制度が利用できないために、確定申告を受けていただくこととなります。
ふるさと納税をするために確定申告をする方も増え、その他医療費控除や住宅ローン控除のために申告される方もいます。
基本的には確定申告前になれば税務署でも『確定申告相談会』を開催しており、比較的丁寧に説明させていただいています。そのような機会も是非ご利用いただければと思います。
通常であれば源泉徴収票と桜スタジアム建設募金団体から発行される領収証をお持ちいただき税務署に来ていただければ、確定申告書の書き方を説明させていただきます。またパソコンをお持ちの方はインターネットでも申告書が自動的にできる仕組みを国税庁のホームページで公開していますので、来年2月の確定申告の時期までにそのようなページで情報を集めていただきながらご検討いただければと思います。